« 自然に逆らうと・・・・ | トップページ | 七人の鬼畜、隠したいものは別にある »

2006年11月 4日 (土曜日)

未履修問題で露わになった脱法の原理(平成の徳政令)

法をねじ曲げるルーツはこれ?

日本人の法意識 Book 日本人の法意識

著者:川島 武宜
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

未履修問題、今回限りの特例 文科省が通知

.  高校の未履修問題で文部科学省は2日、履修不足が70時間(2単位、1時間は50分)以内の大半の高校生に対し、実質50時間の補習などを条件に卒業させる救済策を都道府県教委などに通知した。政府は補習時間の上限を70時間とする救済案を検討したが与党が負担軽減を求めていた。文科省では「今回限りの特例措置」と強調している。

と言うことで、脱法行為は認められました。

|

« 自然に逆らうと・・・・ | トップページ | 七人の鬼畜、隠したいものは別にある »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/4046834

この記事へのトラックバック一覧です: 未履修問題で露わになった脱法の原理(平成の徳政令):

« 自然に逆らうと・・・・ | トップページ | 七人の鬼畜、隠したいものは別にある »