« 空気を読めなかった足立区教育委員会 | トップページ | 結局全ての元凶は試験 »

2006年11月 8日 (水曜日)

幼稚園が市役所に地味な嫌がらせ

(法貨としての通用限度)
第七条 貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律

鳥取市:市民課窓口「小銭はダメ」と拒否 幼稚園の住民票申請に /鳥取

  鳥取市内の私立幼稚園が保護者から集めた小銭で住民票を代理申請したところ、同市が「小銭はダメ」と拒否していたことが7日、分かった。市内の私立12幼稚園のうち少なくとも4園が拒否または嫌な顔をされたという。幼稚園側は「大半が100円玉で数えるのが面倒なのだろうが、お金はお金」として、市の対応を疑問視している。【松本杏】

大半てことは、一円玉とかあるかもって事だよね。

 A幼稚園の事務員が昨年6月ごろ、園児約40~50人の保護者から1人300円ずつ集めた小銭で、住民票交付を市民課の窓口に申請したが、「大きいお金でないと受け取れない」と職員に拒否された。住民票は、入園料減免などで保護者の経済的負担を減らそうと市が支出する「就園奨励金」の申請に必要で、事務員は結局、市役所内の銀行で幼稚園の口座にいったん入金後、引き出す形でお札に替えて申請した。同園は今年度からお札で申請するようにした。

市役所のリソースを使うのはかまわないが、明らかに無駄をしていないかな? いちいち数えるコストを払うのは住民だが他の住民はそれで良いのか? 数え間違いが起きたらどうするのか?


問題点はこんなところでしょうか。銀行が両替に金を取るのは手間がかかるから。同様に市役所も手間賃を取るといいかも。申請書だってお金を取っているし。受益者負担ってことでどうすか。

 ◇改善を約束--山本・市民課長

 これに対し、市民課の山本公治課長は「100円玉だから、小銭だからダメという市の決まりはない」としたうえで、「今後は小銭でもきちんと窓口で対応するよう指導したい」と改善を約束した。

次は一円玉でいきます(ハート)

事務員は結局、市役所内の銀行で幼稚園の口座にいったん入金後、引き出す形でお札に替えて申請した

同じように機械で計算して(正確)入金するかもしれないけど。

いや、後ろに業者がいて、

「これからは小銭も数えられるようにならないといけませんね。こちらの機械ですが100枚を10秒で数えられます。しかも50円・100円など単位がバラバラの硬貨でも一緒に数えられ、しかも振り分けまでやってくれます・・・・・」

で、幼稚園にキックバック。

役所の効率化を邪魔するのは誰か?

|

« 空気を読めなかった足立区教育委員会 | トップページ | 結局全ての元凶は試験 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/4113572

この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園が市役所に地味な嫌がらせ:

« 空気を読めなかった足立区教育委員会 | トップページ | 結局全ての元凶は試験 »