« Wi-Fi対応の役満DSが出る | トップページ | ガソリンをライターで見ようとして引火 »

2006年9月14日 (木曜日)

死亡:原因不明 借り手の保険金

消費者金融:借り手の保険金…半数以上が「死因不明」

 消費者金融10社が借り手全員に生命保険を掛けていた問題で、死因が判明しないまま保険金が支払われていたケースが05年度、大手5社で支払い総件数の半数以上の約2万件に上ることが分かった。遺族に死因を確認せず、業者が取得した住民票の死亡記載のみで保険がおりる場合が大半で、自殺も相当数含まれるとみられる。命を「担保」にした安易な債権回収を大手の生命保険会社が支えている実態が初めてデータで裏付けられ、生保の姿勢が問われるのは必至だ。

 金融庁などによると、消費者金融大手5社が05年度に生命保険の支払いを受けた3万9880件の中で、遺族に請求して入手した死亡診断書や死体検案書で死因や死亡状況が判明しているのは1万9025件。うち自殺は3649件を占める。一方、全体の5割超の2万855件は死因が不明だった。死因の判明した件数のうち自殺の割合は19.2%に達することになる。

 この生命保険は「消費者信用団体生命保険」(団信)と呼ばれ、借り手を被保険者として消費者金融が掛け金を支払い、死亡時に残った債権を保険で回収する。一般の生命保険の場合、保険会社は死亡確認のため、遺族に死亡診断書などの提出を求める厳格な運用をしている。

 しかし、団信では契約後1~2年以上たったり、債権額が少ないケースでは業者が市町村役場に請求した住民票で死亡の事実を確認するだけで保険を請求できる。一部の大手消費者金融は毎日新聞のこれまでの取材に「遺族に負担をかけないための保険であり、死亡診断書などで遺族から死亡確認するのが原則」と答えていた。

 

大手5社はいずれも大手生保から短期・長期の巨額融資を受けている。生命保険協会は「死亡を確認する方法まで協会として承知しておらず、各社の問題だと考える」と説明している。
【多重債務取材班】 毎日新聞 2006年9月14日 3時00分

殺されたって場合もあるよね。ってことは事故死でも扱いとか自殺扱いとか、そう言う案件もあるかもしれないよね。

警察・保険会社・サラ金。「警察の 天下り先が サラ金屋」

ガクブルです。

|

« Wi-Fi対応の役満DSが出る | トップページ | ガソリンをライターで見ようとして引火 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/3439000

この記事へのトラックバック一覧です: 死亡:原因不明 借り手の保険金:

» 借金自殺とミクシィ株に想う [株で毎週5万円のお小遣いを目指す。税理士バッキーの日記帳]
消費者金融会社が借り手に加入させている消費者信用団体生命保険で、大手5社が200 [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金曜日) 午後 08時33分

» アフラック代理店(イオン秋田保険相談カウンターと秋田東通店) 秋田県のアフラック代理店 [アフラック大辞典]
イオン秋田保険相談カウンターは、秋田県秋田市にあるアフラックの代理店兼サービスショップです。イオン秋田保険相談カウンターのある、イオン秋田ショッピングセンターは、秋田市を中心に大勢の方が訪れる秋田の人気スポットです。イオン秋田保険相談カウンターは、年中無休で朝10時から夕方19時まで、保険に関する相談や手続きを行っていますので、イオン秋田ショッピングセンターにいらした際には気軽にご相談ください。イオンモール(株 イオン秋田保険相談カウンター〒010-1413秋田県秋田市御所野...... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日曜日) 午後 09時49分

« Wi-Fi対応の役満DSが出る | トップページ | ガソリンをライターで見ようとして引火 »