« 本日はルパン三世のスペシャルであります | トップページ | 女子アナはモデル事務所出身が当たり前なのか? »

2006年9月 8日 (金曜日)

大学受験の裏ルート

国立「高専」の実力
 実は、これが今の高専の“ウラの顔”。超難関国立大学の工学部が“高専編入枠”を設けるようになったことで、大学受験の“抜け道”になっているのだ。

「高専の入試担当者から積極的に『国立大学に入りやすいですよ』と売り込んでくる」(中学教師)というから、優秀な学生確保の切り札にしているフシもある。

「でも、入試が特別難しいわけではない。理系離れや4年制大学志向で、かつては難関校だった国立高専の偏差値はジリジリと落ちています。今や地域 で4、5番手の高校と同じくらいのレベル。それだけ入りやすいから、最初から進学狙いで高専に入る生徒も増えています」(事情通)

社会人枠とか色々設けているので、最早単なる通過儀礼的な大学から教育機関へと移行しているみたいだね。優秀なのは喉から手が出るほど欲しい。学生一流、先生三流と言われる大学も変わるかな?

|

« 本日はルパン三世のスペシャルであります | トップページ | 女子アナはモデル事務所出身が当たり前なのか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/3365459

この記事へのトラックバック一覧です: 大学受験の裏ルート:

« 本日はルパン三世のスペシャルであります | トップページ | 女子アナはモデル事務所出身が当たり前なのか? »