« 刑務所の中 | トップページ | 本日はルパン三世のスペシャルであります »

2006年9月 8日 (金曜日)

周回遅れの報告書

少子化要因は育児世代の長時間労働…厚生労働白書

 厚生労働省は8日、2006年版厚生労働白書を公表した。白書は、少子化の要因の一つに、30代を中心とした育児世代の長時間労働を挙げ、労働者の仕事と生活の調和を実現する働き方の見直しは企業の社会的責任であると強調した。

 国民に対しても、長時間労働を生む原因となる「24時間サービス」「即日配達」など、利便性を際限なく求める姿勢を見直すよう訴えている。

 白書によると、25~39歳で「週60時間以上」の長時間労働をしている人は、2004年には20%を超え、10年前より4ポイント前後が増えた。仕事以外の時間が足りない状況は、「少子化の一つの要因で、長期的にみて社会の活力を低下させる」と分析。労働者が仕事に偏った生活から解放され、仕事と家庭の調和がとれた状況「ワークライフバランス」の実現を求めている。

(読売新聞) - 9月8日10時48分更新

遅きに失した感があるが。2004年度で1.29。最新データ2005年で1.25人だった気がする。生活保護ではなく就学援助?だったかな。クラスの半分が受けているという地域があるが、大抵は20代で子持ちになった親世代。だってまともに暮らせるような賃金をもらっていないもん。子供がいる家庭を見ると大抵二人くらい子供がいる。だけど統計上は1.××人。ということは結婚していない女性が多いと言うこと。結婚して子供のいない家庭とどっちが多いか比べてみると面白いかも。

|

« 刑務所の中 | トップページ | 本日はルパン三世のスペシャルであります »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/3364306

この記事へのトラックバック一覧です: 周回遅れの報告書:

» 皇室 [共通テーマ]
「国民とともに歩む皇室」をモットーに戦後60年。皇室についてのニュースなど、何でもご意見をどうぞ。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土曜日) 午後 04時40分

« 刑務所の中 | トップページ | 本日はルパン三世のスペシャルであります »