« テレビに関する本 | トップページ | これは始まりである。八百長より報道管制 »

2006年8月 2日 (水曜日)

時をかける少女 上映館が少なすぎる

時をかける少女
すごく評判が良い。特にネット上。でも上映館が少なすぎる。大都市東京で一つってどういうこと? ゲドやめて、時をかける少女にすればいいのに。まあ大きな物語ではないからそんなものかなあ。ゲド戦記はテレビでOK。ハウル見てそう思いました。

そう言えば、ネット宣伝部隊ってのもいるらしいね。工作班というか言いたいことは世の中情報戦だ。例の天皇のメモも敵対勢力の「本」発売日に(記事を出す)設定したそうだから。

時をかける少女 NOTEBOOK 時をかける少女 NOTEBOOK

販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でも「時を」は見に行かないと思う。暑いし。

|

« テレビに関する本 | トップページ | これは始まりである。八百長より報道管制 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/2905335

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女 上映館が少なすぎる:

« テレビに関する本 | トップページ | これは始まりである。八百長より報道管制 »