« テレビに関する本 | トップページ | これは始まりである。八百長より報道管制 »

2006年8月 2日 (水曜日)

時をかける少女 上映館が少なすぎる

時をかける少女
すごく評判が良い。特にネット上。でも上映館が少なすぎる。大都市東京で一つってどういうこと? ゲドやめて、時をかける少女にすればいいのに。まあ大きな物語ではないからそんなものかなあ。ゲド戦記はテレビでOK。ハウル見てそう思いました。

そう言えば、ネット宣伝部隊ってのもいるらしいね。工作班というか言いたいことは世の中情報戦だ。例の天皇のメモも敵対勢力の「本」発売日に(記事を出す)設定したそうだから。

時をかける少女 NOTEBOOK 時をかける少女 NOTEBOOK

販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でも「時を」は見に行かないと思う。暑いし。

« テレビに関する本 | トップページ | これは始まりである。八百長より報道管制 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/2905335

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女 上映館が少なすぎる:

« テレビに関する本 | トップページ | これは始まりである。八百長より報道管制 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター