« PSE法で初の逮捕者(電気用品安全法違反) | トップページ | テポドンに無関心な理由→WC »

2006年6月30日 (金曜日)

オリックス宮内氏はやはり出てこないようで

自民党 宮内隠し

 福井日銀総裁が村上ファンドに投資した際に“まとめ役”になったオリックスの宮内義彦会長(70)の参考人招致が見送られた。自民・民主両党が合意しながら、きのう29日、自民党がドタキャンを決めた。当の宮内氏は余裕しゃくしゃく。村上ファンドに関連して初めて口を開いたものの、「残念ながら、責任を感じない」と居直り、逃げを打った。竹中大臣と二人三脚で規制緩和の旗振り役を務めてきた宮内氏を国会に呼んで、ヘタなことをしゃべられると、小泉改革にも大ダメージになると腰が引けているのだ。

一体これほどの悪性暴政を誰が許してきた

 日銀福井総裁の村上ファンドへの出資はやっぱり、庶民にはありえない特別なファンドでの運用だった。しかし、この疑惑は単なる福井スキャンダルとは違う。福井、村上コンビの後ろには規制改革会議議長の宮内義彦オリックス会長がいて、小泉、竹中らと繋がっていく。デフレを野放しにすれば、優良資産を持つ企業の株は割安で買える。規制緩和で儲かる企業を狙い打ちにする方法もある。政治が村上と一緒になって「利益至上主義」「株主への還元」を訴えれば、当然、株は上がっていく。八百長のような構図野中でぼろ儲けしたのがいるのだ。こんな悪政が許されるのか? 共犯者はいないのか。

まあそうでしょうね。出したくても出せない事情があるということですね。出てもヒューザーのように途端に口を噤むでしょうから。

|

« PSE法で初の逮捕者(電気用品安全法違反) | トップページ | テポドンに無関心な理由→WC »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/2443930

この記事へのトラックバック一覧です: オリックス宮内氏はやはり出てこないようで:

« PSE法で初の逮捕者(電気用品安全法違反) | トップページ | テポドンに無関心な理由→WC »