« オリックス宮内氏はやはり出てこないようで | トップページ | これからは金融業が主力? 第2次産業の人口がかなり減っている »

2006年6月30日 (金曜日)

テポドンに無関心な理由→WC

挑発に乗ると相手方(北朝鮮)の思うつぼだから。よって無視することによってテポドンカードを無力化する。靖国神社も同じように相手がいくら言ってきても、マスコミと野党が黙っていれば靖国カードを無力化(日本国内限定)できる。戦争とは武器を使わなくても出来る。孫子もなるべくするなと言っている。

ただ本当に無視すると暴発しかねないので軽く振れておくのも政治。微妙な駆け引きが展開されている。

日米首脳「北朝鮮、重大な脅威」 圧力強化で一致

 会談では、長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射実験の現状について米側から詳しい報告があり、万一発射した場合に備え、両国で取り得る方策について具体的に協議。北朝鮮に対し、今後さらに圧力を強化していくことを確認した。

ついでに孫子関連ではこれが一番です。「攻撃は最大の防御」は間違いで「最大の防御は撤退」だそうです。つまり軽傷の内に手を引けという、よく聞く人生訓です。

曹操註解 孫子の兵法 Book 曹操註解 孫子の兵法

著者:中島 悟史
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« オリックス宮内氏はやはり出てこないようで | トップページ | これからは金融業が主力? 第2次産業の人口がかなり減っている »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/2444063

この記事へのトラックバック一覧です: テポドンに無関心な理由→WC:

« オリックス宮内氏はやはり出てこないようで | トップページ | これからは金融業が主力? 第2次産業の人口がかなり減っている »