« IT戦略会議という名称だっけ? | トップページ | 「ファイナルファンタジーXIII」と「DRAGON QUEST SWORDS 仮面と女王と鏡の塔」 »

2006年5月 9日 (火曜日)

阪神村に乗り込む新しい「代官」

阪神労組、村上ファンドの取締役派遣提案「断固反対」(読売新聞)

 阪神電気鉄道の労働組合、阪神電鉄労働組合(和田史雄委員長、約2000人)は4日、村上ファンドが9人の取締役候補を株主提案してきたことに関し「短期的な株主利益のみを追求する者が経営に参画することに断固反対する」などとしたコメントをまとめた。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060505ib01.htm

村長を始め村人も嫌がっているね。乗り込めば大人しくなると思うけどそこから始まる買収・売却という野蛮な世界が始まる(臓器移植にいまいち馴染めないんだよね)。心理的価値基準の下限・上限が変わるくらいインパクトがある。

株主に配当が多く入るって事だよね。だから従業員にはお金が入らない+金持ちはあまりお金を使わない=消費が萎む。金持ちのお金は銀行(か株券)に集まって過剰貯蓄で低金利。又はアメリカへ投資されるのでドル高。

Y=C+I

I=S

どこに投資されるんだ?

これからは消費減少社会用にポートフォリオを組んでおきましょう。

企業買収の焦点―M&Aが日本を動かす Book 企業買収の焦点―M&Aが日本を動かす

著者:中村 聡一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

オリックスが村上ファンドとの資本提携を解消へ(ロイター)

藤木社長によると、村上氏から本拠地をシンガポールに移したいので、現在、オリックスが村上ファンドの管理・運用会社であるMACアセットマネジメントに 出資している約4000万円について、その持分を売却して欲しいとの要請があったという。同社長は、「この要請に同意し、近く資本提携を解消する。これに 伴い、オリックスからの役員の派遣もやめる」と述べた。ただ、同ファンドへの運用委託は従来通り継続する。

オリックス-村上ラインか。

村上ファンド、シンガポールに拠点移す…税制の利点が狙いか(サンケイスポーツ)

村上世彰氏率いる投資ファンド(村上ファンド)は10日、村上氏が全額出資する投資会社をシンガポールに新設し、ファンドの中心的な投資会社「MACアセットマネジメント」の全資金を新会社に移したと発表。「グローバルな(投資の)展開に適切に対応するため」と説明した。活動の実質拠点をシンガポールに移したもようだ。

« IT戦略会議という名称だっけ? | トップページ | 「ファイナルファンタジーXIII」と「DRAGON QUEST SWORDS 仮面と女王と鏡の塔」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/1687068

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神村に乗り込む新しい「代官」:

» 阪神電鉄VS欽ちゃんファンド [やんちゃなおやじ!]
阪神電鉄村上ファンド 阪神応援するしかないやろ! 地元やからちゅうちんけなとこからやない、欽ちゃんのやり方の問題や。 官僚上がりのエリートさんかなんかしらんけど、ほんまに賢いんやったら「最後まで賢く」金儲けせぃ!ちゅうねん。  関西は名門の灘を出て、お決まりの東大〜時の通産省の官僚さんへ。(官僚=ただの役人やで、しやけどそこらの市町村とはちょっと違うデ) その時期に得た「知識」「人脈」はかなり功を奏してるやろし、商法・民法等々法律... [続きを読む]

« IT戦略会議という名称だっけ? | トップページ | 「ファイナルファンタジーXIII」と「DRAGON QUEST SWORDS 仮面と女王と鏡の塔」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

  • 高齢者向けテレビ用スピーカー

おすすめ(amazonウィジェット)

暇つぶし(アマゾン)

音楽

  • 癒しの音楽
  • 聞き疲れしないスピーカー

    音は良いのですが製品としての質が良くない。

    外付けサウンド(USB接続)

    ヘッドフォン端子の質があまり良くない。

    一万円前後のUSBオーディオ入門機

amazonウィジェット

  • 乾電池で動くデジカメ
無料ブログはココログ

Google Analytics




アクセスカウンター

  • 3カウンター