« グーグルファイナンス登場(英語) | トップページ | WBCの記事でNYT+日本人?のコラボレーション »

2006年3月22日 (水曜日)

不自然であっても得る物が大きければそれでよい

自然なものなど存在せず、自然なものというのは単に慣れ親しんでいるものにすぎない

マウスの父、ダグラス・エンゲルバート氏インタビューhttp://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0322/engelbart.htm

自転車のことを考えればわかると思います。不自然ですが乗れると遠くへ行けるメリットが大きい。ただ「自然に」という状態へは沢山の時間を費やした訓練が必要です。

しかし、“左手で操作できるエルゴノミックなマウス”をきちんとラインナップに用意すること。左利きユーザーがいる以上、これはリーディングカンパニーとしての責任です。また、そうした少量生産でも必要と思われる製品を提供することで、多少のPR効果も期待しています。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0322/mobile331.htm

車で言うとエンジン(又はタイヤ)のついているものは全部出すということなのかな? 特化ではなく全部だす。コストより社会的責任+PR効果。

左手用ワイヤレスマウス
MX™610 Left-Hand Laser Cordless Mouse
http://www.logicool.co.jp/index.cfm/products/details/JP/JA,CRID=2135,CONTENTID=11532

ロジクール
http://www.logicool.co.jp/index.cfm/JP/JA

|

« グーグルファイナンス登場(英語) | トップページ | WBCの記事でNYT+日本人?のコラボレーション »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/850/1125790

この記事へのトラックバック一覧です: 不自然であっても得る物が大きければそれでよい:

« グーグルファイナンス登場(英語) | トップページ | WBCの記事でNYT+日本人?のコラボレーション »